コパキソン®はじめました

2015年11月、多発性硬化症の再発予防薬『コパキソン®』が日本でも発売されました。

目処が立ちました

何とかPSL30㎎まで減量しました。

これで何ともなければ、退院の目処が立ちます。

f:id:Copaxone16:20160619231232j:image

パルスをした後、プレドニンを内服するかどうか、医師によりけりです。

 

私の場合はプレドニンが0になることはないのですが、パルス後いきなり維持量(5〜10㎎)まで減らす時と、体重㎎のプレドニンを内服する時とあります。

 

私の主治医は、痺れなどの感覚麻痺や温痛覚麻痺ならプレドニンを増やすことはしません。

遺っても対症療法で対応できるから、プレドニンのリスクを避けます。

 

視神経や運動麻痺などADL(日常生活動作)の低下につながるものは、がっつり体重㎎のプレドニンを内服します。

遺らないよう、徹底的に叩きます。

 

他所の病院では外来でパルスしてくれるところもあるようですが、私の病院では最低でも1週間くらいは入院しなければなりません。(パルス1クールでプレドニン増量なし)

 

どうも私の場合、入院生活が長めになってしまう傾向にあります。

どれがいいのかはよくわかりませんが、長年の信頼関係のある主治医ですからね、間違いないでしょう!!

 

あともう少し……

 

あっ、まだコパキソン再開する雰囲気ないですね。

長年の勘で再開は外来のような気がします。 

広告を非表示にする