コパキソン®はじめました

2015年11月、多発性硬化症の再発予防薬『コパキソン®』が日本でも発売されました。

事後報告という名の懺悔

皮膚科と神内受診に行ってきました。

 

皮膚科は痒みがあるかどうか聞かれました。

私『大丈夫ですよー!』

Dr『痒みはゼロ?』(←私の『大丈夫』は信用ゼロ(笑))

私『ゼロではないけど大丈夫ですー』

Dr『じゃあ今回薬を減らすのはやめましょう。慣れれば痒みはゼロになりますから』

とのことで、現状維持です。

 

Dr『最近塗り薬は減ってない?』

私『前ほど塗ってはいませんね』

……バレてます!ものぐさ姫だって(笑)

なので飲み薬だけ4週間分もらって終わりです。

 

神内では『最近お注射どう?』と聞かれたんで、私の懺悔からはじまりました。

 

私『先生〜、私バチコーンが好きになれないんです。なので最近はバチコーン使ってません。』

Dr『あれって補助具なしで打っても良かったんだっけ?』

私『大丈夫、大丈夫!問題ない!!』

とは言ったものの、武田さんは補助具の使用を推奨しています。

そしてこんな紙がコパキソンの箱の中に入っています。

f:id:Copaxone16:20161026160239j:image

✳︎プレフィルドシリンジ用注入補助器を用いずに単独で使用した場合に予測される不具合と取扱い上の留意点

とあります。

書いてある内容も常識的なこと。

ダメとは言わないけど、補助具を使って欲しいな〜といった感じなのかな?と思います。

 

主治医は、トラブルなく続けられるのであれば、それはどっちでもいいと言ってくれました。

手技は認めてもらえてますし、ずっと『バチコーン』が嫌だと言い続けてきましたからね、最初から(笑)

Dr『自分で注射した方が「注射してるー!」って感じがしていいでしょ?』

とも言ってました。

 

そしてコパキソンも200回を過ぎましたが、主治医はこんなことを言ってくれました。

Dr『2月からだよね?効果もあるのかな?まだ続けられそうだね』

私には合っていると思います。

だから害にならないのなら、続けていきたいと伝えました。

Dr『そうだね』と……

 

発病から7年。

やっと私の治療が軌道に乗ったような気がします♡(←遅っ!)